So-net無料ブログ作成
プロダクトデザイン ブログトップ

3Dプリンター [プロダクトデザイン]

何かと話題になっている3次元プリンターですが、当社でも5年ほど前から試作品を作るため使用しています。
当時はまだそれほど認知はされていなかったですが、試作品を作る上では大きなメリットあります。
一番のメリットは試作製作費用が大幅に抑えられること。(ケース・バイ・ケースです(^^ゞ)

その昔は機能確認やデザイン確認のために、モデル製作業者に試作品を作ってもらっていたのですが、かなりの部分が手作業であるためどうしてもコストアップになっていまいます。
さらに複数個の試作品が必要な場合は、かなりの費用と日数を要するためクライアントとは費用面の交渉が大変でした。そのため、残念ですが納期やコストで見送るケースも多々ありましたね。

それでは当社の参考事例をご紹介したいと思います。
商品はこちらです。

multihuck.gif

これは(株)アイセン様から発売されている「ランドリーマルチフック」です。その名の通りランドリー用グッズですが、こんな感じに使います。

mu_tan.jpgmu_kabe.jpg

室内干しの際に角ハンガーの掛ける場所って中々ないですよね。そんな時にタンスや、浴室のタオル掛けなどに本商品を使って角ハンガー吊るせばハンガー本体も斜めにならず洗濯物も乾きやすいっといった便利グッズです。

まず、3Dプリンターで作るにはやはり3次元データが必要になってきます。
私どもの3dCAD「think3 design」というイタリア発祥の3次元ソフトを使っています。
このソフト特徴はデザインを作る上で自由度が高いといわれていて、イタリアではお洒落な日用品で有名なアレッシー社が使っているのですけど。
でも導入当初はあまり稼働率としては低かったですね。
とにかくやたら作成コマンドが多くて、それぞれの意味が分からないと中々イメージしたものにはならなかったです。
まぁ元々図面の世界は2次元だけでしたので、そこからバーチャルな3次元空間でものを作り上げる発想を脳みそに加えるのに時間がかかりました。

3dp_cad.jpg

それで何とか作り上げた3Dデータが、この「マルチフック」です。
制作途中で何度も頭が爆発しそうになりましたが・・・
個々のパーツが12点ほどですが、それでも結構時間がかかりましたよ。
ソリッドだぁ??、 サーフェイスだぁ??と 思わず作りながら叫んでしまいます。

そして、このデータを業者さんに渡してできたのが、
こちら。

3dp-06.jpg

プリンターの仕組みはパウダー状の樹脂表面にレーザー照射して0.15ミリづつ積層してタイプのものです。
これが業者さんの3Dプリンター。 プリンターといったレベルではないですけどね。

EOSINT.jpg

ほんとでかくて、業者さんによると数千万するそうですよ。

3dp-05.jpg3dp-04.jpg

これは初期の試作品ですが、これで実際に使うことができるので、タンスに掛けてみたりして使い勝手や問題点など検証することが可能です。

そして、本物とならべると

3dp_03.jpg

ディテールではかなり修正しています。

3dp_01.jpg

3Dプリンターの仕上がり自体はザラッとした表面ですが塗装もできますので、若干コストはかかりますが艶ピカの表面仕上げもできますよ。

3Dプリンターも卓上タイプも出てきましたので、かなり入手しやすくなってきました。(機能、精度では問題あるようですが)近い将来には紙にプリントアウトする感覚で立体が作れる日がくるかもしれませんね。

 

 


nice!(0)  コメント(0) 

デザイン開発商品の紹介です。 【快適シャツハンガー5連フック】 [プロダクトデザイン]

今回は以前デザイン開発した、ちょっとした便利グッズ商品をご紹介したいと思います。

さて皆さんは、洗濯物をどこに干しますか?
何かのアンケートによると、天気が良い日は外干しで、雨や花粉シーズンなどでは室内干しをされている人が多いようです。
ただ、昼間は仕事のため外出していたり、女性の方は下着などを外に干したくないので天気に関係なく室内干しをしているみたいです。

それで外干しにしても天気が良い日が続けば洗濯物もすぐ乾くのですが、残念ながらそうはいかないですよね。
前にちょっとだけ調べたのですが、日本は世界的にも雨が多く降る地域。
雨だけでなく北の方は雪も降りますしね。
つまり日本は雨、曇、梅雨、雪、花粉、強風等々で室内干しは必須ということです。

ただ、住居設備として室内干しスペースがある家なんて中々無いですよね。(うさぎ小屋だもの)

そんな背景から考えた便利グッズがこちら。


商品名は「快適シャツハンガー5連フック」

01.jpg

これがなにかというと室内でシャツハンガーを効率よく干すための便利グッズなのです。

まず、何が便利かというと、
ドア、クローゼット扉、コート掛けフック、タンス引き出し、長押(なげし)に掛けることができて、最大5枚のシャツを干すことができるんですよ。

02.jpg 03.jpg 04.jpg

そして、浴室のタオルバーにも。

05.jpg 

フックには弾力性のあるエラストマーを使っていますから掛ける相手側も傷つけにくいです。

Tシャツや肌着、タオルを5枚干せます。
ただ、厚手のトレーナーやフリースはさすがに厚手なので間隔を開けて正直3枚かな。

あと濡れた洗濯物を干す以外にこういった使い方もできますよ。
●一日着た背広や着物を掛ける。
このフックにかければ壁との空間ができるので通気性が良いです。
夏場には便利!

●翌日着る洋服を掛ける。
明日着るコート、上着、スカート、スカーフといったものを立体的に掛けられるのでスペースをとりませんよ。

それと、たまたまネットで見たのですがスノーボーダーの方かな? 宿泊先で濡れたウエアーや手袋を掛けていましたね。

最後に収納すればコンパクトになります。

09.jpg

実はこの折り畳みの仕組みを考えるのが一番苦労したところ。
店頭でのパッケージングを考えたとき、なるべく小さくしたい・・・けれども使うときはある程度のサイズが必要・・・
フックの向きや折り畳み方を色々と試したものです。

興味を持たれた方は、(株)アイセン様の楽天ショップサイトを是非ご覧下さい。
詳しい情報や購入もできますよ。

(株)アイセン【楽天ショップ】はこちらへ


大手ホームセンターでも売っているところもありますが、どこのホームセンターで売っているかはハッキリは分かりませんので・・・(スミマセン)
お時間があれば洗濯用品コーナーを探してくださいね。
色は青と白がありますが、お店ではどちらかの色になるかと思います。
私的には白がおすすめかな?

08.jpg

それでは「便利フック快適角ハンガー」のご紹介でした。


nice!(0)  コメント(0) 

東京スカイツリー(R)のアート作品開発に参画しました。 [プロダクトデザイン]

東京スカイツリーがもうすぐで開業しますね。
タワーに関するイベントやグッズ等がテレビでも話題となっています。

桜とスカイツリーのコラボですか?
皆さんデジカメで撮ってましたね。

さてさて、そんな中私共も東京スカイツリー(R)に関連する商品開発に関わりました。

(株)大橋製作所様が企画・製作をしました、
「メタルクリスタル 東京スカイツリー(R) 1/1000」です。

それが何かというち、こちら!。

タワー台座青空.jpg

これはステンレス板をレーザカット加工で約150パーツに切り抜いた物を、匠の技による手作業で一枚一枚格子状に組み上げたアート作品なんです。
1/1000スケールのサイズなのですが、金属プレートの重厚感がスケール超えた迫力がありますね。

ステンレス板を切るレーザー加工も大橋製作所が長年築きあげた「レーザー・マトリックス工法」(名前がカッコイイ!)というレーザー加工技術によって作られています。
正直なところこのこのレーザー技術がどういったものなのか分かりませんが、簡単にいうとレーザーの切り口が熱による色変化がなく切り抜けるところがスゴイらしいです。

さてこの作品ですが、金属プレートに周辺の光が反射して様々な表情を見ることができます。
上の写真は青空をイメージしていますが、

夕方であれば、

 

005-B.jpg

 

さらに夜は。

 

006_night_A.jpg
周りの光によって様々表情を見せるも魅力です。

 

東京スカイツリー(R)の関連商品はリアルにこだわった物やキャラクター的な物もありますが、それらの商品とは違いアートの領域にある商品です。

上の写真はケースが有りませんが、ちゃんとアクリルケースが付いてます。
アクリルの板厚も5ミリと高級感バッチリ!

 

case.jpg


とても高級感あふれる作品に仕上がっています。
是非、実物をご覧下さい!!・・・といいたいところですが、まだ3月に発売をはじめたばかりでショップ展開はこれからのようです。
現時点では、日本橋のマルゼンさんには置いてありますので、お近くにお寄りの際は見てくださいね。
結構、写メを撮る人が多いみたいですよ。
さて、一番気になるのは・・・お値段・・・おいくら?ですよね。
ここでは、魅力全てをお伝えできないので、ご興味がある方は大橋製作所様の特別サイトを是非ご覧下さい。
詳細な情報が載っていますので。

大橋製作所 メタルクリスタル 東京スカイツリー(R)の情報はこちらです。


nice!(0)  コメント(0) 

「便利フック快適角ハンガー30」のご紹介。 [プロダクトデザイン]

一年ほど前に発売になったのですが、梅雨の時期ということもありますのでこの時期に最適な商品をご紹介します。
私共がデザインを担当しアイセン工業株式会社さんから販売しています。

とりあえず、その商品はこちら。

kaiteki_kakuhan - 5.JPG

見た目はいわゆる洗濯物を干すハンガーですが、
実は室内干しをするのに便利な機能が満載なのであります。

まずはこれをご覧下さい。

kaiteki_kakuhan - 6.JPG

フックが曲がっているでしょ

これが室内干しに何が便利かというと・・・

続きを読む


プロダクトデザイン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。