So-net無料ブログ作成

日本の借金 [スタッフの独り言]

アベノミクス??

この言葉を聞いてどれぐらいたったのだろうか?

株価は上がって、どうのこうのニュースでは言っていますが・・・ 
日本の経済は本当にうわむいているのだろうか??

話はかわって、借金大国日本ですがいったいどれくらいの借金があるか知ってます?

調べてみたら、日本の借金をリアルタイムで紹介しているサイトがありました。

では、日本の借金はいくらなのでしょうか?

 正解は・・・

150414.jpg

http://www.takarabe-hrj.co.jp/clockabout.html  (引用サイト)

何と! 1000兆円を超え! スゲ〜〜

更に、こちらのサイトをご覧になるとわかりますが、この数字どんどん増えています。
表示の仕組みはよくわかりませんが、とにかく天文学的な数字ですよね。
一世帯あたり2000万だもん。

そりゃ阿部さんも増税したくなるのもしょうが無いってこと???

生きることは疲れるなぁ・・・(T_T)

 


nice!(0)  コメント(0) 

アルコール飲料は発ガン性?? [スタッフの独り言]

発がん物質を調べている国際がん研究機関(IARC)という研究施設がフランスにあります。

ここでは名前にあるようにどういった物質が癌になるのかを調べ公表しています。

いくつかのリスク別のグループに分かれていて、どんな発ガン物質か一覧で見ることができます。

IARCによる人に対する発ガン分類一覧
(ウィッキペディアにリンクしています)

  • グループ1:発がん性がある
  • グループ2A:恐らく発がん性がある
  • グループ2B:発がん性の恐れがある
  • グループ3:発がん性を分類できない
  • グループ4:恐らく発がん性はない

当然グループ1が危険度の高い物質になります。

詳細はウィッキペディアで見ていただくとして、
数十種類の物質の中には、

アスベスト(ニュースになりました)

六価クロム(毒っぽい)

ピロリ菌(胃に住んでいる)

タバコ喫煙(吸い過ぎに注意しましょう)

そして

何と!

そういった物質にならんで

アルコール飲料が!! あります。

以前のブログで電磁波がヤバイ、マーガリンは危険みたいなことを書きましたが、それらより発がん性あると認められたものを私達は気軽に飲んでいるのですよ。

本当にヤバイっす

アルコール飲料で疲れを癒やす?、ストレス発散のため飲む? ではなく癌になる道を突き進んでることになってしまう!

でもそうなるとタバコを吸いながらの飲酒はかなりヤバイことになりますね〜
二種類の発がん物質を同時に服用していることになり、
しかも人によっては毎日スパスパゴクゴク・・・健康には良くない取り合わせ。

休肝日なんて言っている場合じゃないかも

やっぱり健康に生きるなんて難しいなぁ・・・・


nice!(0)  コメント(0) 

ロシアはデカイもの作るよね〜  [スタッフの独り言]

ソ連時代の人たちはとてつもないものを作っていますよね。

そのひとつが、エクラノプラン

??

日本語的には地面効果翼機だそうです。

と言われてもなんのことやらですが。

その映像がこちら

(あまり関係のない映像箇所もありますので、暇な時にでも見てださいね )

 



飛行機のようで飛行機ではなく、船のようで船でない。
つまり、水面すれすれに浮く飛行機みたいものです。

1987年に完成とのことです。

とにかくデカイのですが、

なんといってもこのスタイリング!!

すっごいですよ。

エンジンが前側に8発ついているのもすごい。
さらに、上に突き出ている6っつの筒は、ここからミサイルが発射されます。
ホントスゴスギ!

ジブリのアニメにでてきても違和感なしのフォルムです。

凄いことを考えますよね、ロシアの人は。


nice!(0)  コメント(0) 

宇宙人は友好的か? アメリカで論争が・・・ [スタッフの独り言]

宇宙人とかUFOとか文字をみると、
どうしても矢追純一さんを思い出してしまいますね。

数十年前(かなり前だよ)テレビの特番でやっていたUFO特集。
よく見ていましたよ。
番組冒頭に流れる印象的な音楽が頭にこびりついています。
でも最近、この手の番組は少なくなりましたね。

さて、ニュース記事でアメリカの科学者等で宇宙人は友好的か、または侵略者か?の論争があったそうです。

ニュース元はこちら

http://www.sankeibiz.jp/express/news/150330/exh1503300001001-n1.htm

スティーブン・ホーキング博士も有効的ではないだろう との見解です。

今回の論争は宇宙人がいるかいないかは別として、積極的に交流するべきかどうかを議論しています。

友好派は、メチャ遠い星からメッセージや宇宙船で来るのであれば、そりゃぁハンパない科学技術を持っていることになります。
その科学が地球が抱えている問題をきっと解決してくれる筈だと。

侵略派は、他の星に来る理由として自分の星が何らかの問題があり移住先を探しにきてるのではないか。
住んでいる星が環境悪化や汚染が進んで住みにくい、そしてエネルギー資源を使い尽くしてしまった・・なんて理由で他の星、住めそうな惑星を探しにやってくるかもしれない。

私達も同じような理由で火星への移住計画がありますが、もし火星に生物がいたとしたら?・・・。
コミュニケーション可能な人たちであれば、私達も友好的に交流しようとするかもしれません。

しかし、
トカゲみたいな生物がウジャウジャいたらどうします? 
恐らくどうしたら排除できるかを私達は考えるかと思います。

地球にくる宇宙人が私達をコミュニケーションをとれる対象生物と見てくれれば良いのですが、トカゲレベルと判断されると悲劇ですよね。

やはり、勝手に来てしまったものはしょうが無いけど、積極的にアプローチしなくても良さそうに思えるのですが・・・ 

 

 

もし、

火星にタコ星人がいたら・・・

茹でると・・・お・い・・・・

なんて思ってしまったら・・・・・

 

やっぱり来ないでほしい!


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。